≫2021年12月におすすめなVPNサービスはこちら

FTXが日本から使えないときの対処法【VPNサービスを利用で解決】

以前から特定の国に対しての規制が見られたFTX(暗号資産取引所)ですが、2021年11月16日に日本からだとついにログインできなくなりました。(※同日に規制は解除され日本からでもログイン可能となりましたが、不安は残りますね。)

突然の仕様変更に焦っている人が多いかと思いますので、VPNを利用した対処法を説明していきます。

結論:VPNサービスを利用して規制されていない国(シンガポールなど)へ接続すれば、日本からでもFTXへのログインは可能

以下、方法を解説していきます。

FTXが日本から使えないときはVPNサービスを利用する

先ほどNordVPNというサービスを利用してFTXへのログインを試みたところ、無事にログインできました。

VPNサービスを使わないと、以下のような画面が表示されログインできません。

FTXが日本から使えないときはVPNサービスを利用する

そこでVPNを利用して日本からでもFTXが使えるようにします。

VPNを利用する手順としては以下の3点のみ。

NordVPNを利用してFTXへ日本からアクセスする
  • ステップ1

    ※30日間の完全返金保証付き
    所要時間:2分

  • ステップ2
    NordVPNの無料アプリをダウンロード

    所要時間:2分

  • ステップ3
    シンガポールサーバーへ接続してFTXのサイトへ

    所要時間:30秒

NordVPNは有料VPNサービスなのでまずは購入が必要となります。

VPNサービスの中にはもちろん無料のサービスもありますが、大切な資産を扱う際に無料のVPNサービスだと心もとないので、業界でも信用信頼No.1のNordVPNを使うのが安心かと。

NordVPN導入のステップは【優良】NordVPNの使い方を登録手順から詳しく解説【実体験】にて図解していますので、参考にどうぞ。

説明が不要な方はNordVPNの公式サイトへ。

NordVPNのアプリがダウンロードできたら、アプリへログインして、シンガポール等規制されていない国のサーバーを検索して接続します。

接続が確認できたら、そのままFTXのサイトへと移動していただければ、日本からでも利用できるようになります。

※VPNを利用すればログインはできますが、新規でのアカウント登録は厳しいです。

FTXが日本から使えないときはVPNサービスを利用する

というのも、上記のように現地での電話番号認証が必要になるからです。

電話番号獲得サービスなどを利用すれば何とかなるかもしれませんが・・・

手順は以上です。

≫NordVPNの公式サイト
30日間の返金保証あり

NordVPNの解約と返金方法

現在の口座から出金後NordVPNを解約するのもいいですし、そのまま使い続けるのもアリです。

30日間であれば完全返金保証が付いていますので、ご利用の環境で動作確認をしてみてください。

解約・返金方法はNordVPNの解約方法を丁寧に解説を参考にどうぞ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました