≫2021年12月におすすめなVPNサービスはこちら

ジオブロックを解除する4つの方法を解説【5分で解決】

海外から日本の動画を見ようとするとエラーが出てきて見れない。どうやらジオブロックが関係しているらしいんだけど、ジオブロックってなに?解除する方法はあるの?

このような方へ。

日本にいるとジオブロックという言葉はなかなか耳にしませんが、海外から日本の動画配信サービスを見ようとしてよくわからないけど見れない「ジオブロック」経験をしたことがある人は少なくないと思います。

YouTubeやNetflixをよく利用する方は日常生活への影響が大きいですよね。

そこで本記事では、

  • ジオブロックとはどんなものか?
  • ジオブロックを解除する方法とは?
  • ジオブロックを解除することは合法か?

の上記3つに焦点を当てて詳しく解説しています。

「ジオブロックってなに?どうやって解除すればいいか分からなくて困っている」という方でもしっかりと理解できるように、丁寧に噛み砕いて説明しているので、ジオブロックを解除する際にはぜひ参考にしていただければと思います。

ジオブロックとはなんなのか?解除方法はあるのか?

ジオブロックとはなんなのか?解除方法はあるのか?

まずはジオブロックとはなんぞや、といったところから見ていきます。

ジオブロックとは、ジオブロッキング(Geo-blocking)を省略したもので、インターネット上にコンテンツを配信するにあたって、配信者側がある特定の地域からの視聴や利用をブロックする機能のことです。

例えばNetflixを例に考えてみると、Netflixは国によって異なるコンテンツを配信しています。そのため、海外からだと日本のNetflixで配信されている最新作などは見れない仕様になっているんですね。(参考:Netflix】アメリカ版を日本から見る方法【配信内容が違います】

提供者側(例:NetflixやYou Tube等)が地域によって視聴制限をかけることで、国ごとの法律やライセンスなどに合わせてサービスを展開可能といった具合です。

ジオブロックを導入している有名なサービスを挙げると、

  • Netflix
  • You Tube
  • Amazonプライムビデオ
  • Hulu
  • U-Next
  • Spotify
  • メルカリ

などなど例を上げていくときりがないほど、当たり前のように導入されています。

そのため、指定された地域以外から動画視聴やサービスを利用しようとした際は「動画を再生できません」「お住まいの地域ではご利用いただけません」といった表示が出てきます。また、You Tubeでは、概要欄やコメント欄へのアクセスもできなくなります。

難しいところですが、わざわざサービスを契約して利用する側からすれば、ジオブロックがない方が「見たい作品や使いたいサービスを自由に利用できる」ので嬉しいですよね?

そこで、自由にインターネットを楽しむため必須な「ジオブロックを回避する方法」を以下にて解説していきます。

ジオブロックを解除する4つの方法を解説

ジオブロックとはなんなのか?解除方法はあるのか?

ジオブロックを解除さえすれば、地域や国限定で配信されている動画の視聴やサービスの利用が可能です。

しかし、この記事を読んでいる方は「どうやったらいいの?」と、方法が分からない人の方が多いですよね。とても簡単なので安心してください。

先ほど、ジオブロックは、限定された地域や国に対して行われるものだと説明しました。

ということは、限定されていない地域、つまり「普通に配信が行われている地域のデバイス(スマホやパソコンなど)」だと配信者側(NetflixやYou Tube)に思わせることができれば、該当地域外からでもサービスが利用可能ということです。

言うなれば、相手に気づかれないように偽装工作をするような感じです。

聞こえは悪いですが、合法なので安心してください。

以下、配信者側に限定地域内からの利用だと思わせることができるようになる方法を4つ紹介していきます。

VPNサービスを使う

まずは一番簡単なVPNサービスを利用する方法から。

VPNサービスとは?

VPNサービス会社が提供する仮想的な回線を利用することで、IPアドレス(ネット上の住所に相当)を暗号化し、どこからアクセスしているかを自由に変えられるサービス。
※もともとはインターネット上のプライバシー保護やセキュリティ対策のために開発された技術で、日本やアメリカをはじめとした多くの国での使用は合法。VPNサービスは合法なのか?

1番有名な方法が「VPNサービス」を使うことです。

VPNサービスを使うことで、独自のIPアドレスが作成され、またはVPNサービスが提供するIPアドレスを利用可能となり、ジオブロックをしている側(NetflixやYou Tube)からは別の場所からインターネットにアクセスしているように見えます。(海外からの利用でも日本国内から接続しているように見えます)

そのため、ジオブロックの対象にはならず、動画などのサービスを自由に楽しむことができるのです。

また、VPNサービスを使うことで、セキュリティ対策やプライバシーの保護などの、インターネット上における安全対策にもなるため、比較的安全にインターネットを楽しむためにも必要な対策です。

VPNサービスには無料のものもありますが、品質上の問題や安全性の観点から有料のものを使用することが推奨されています。(参考:VPNの危険性を調査【安全に使うための方法を解説】

VPNについて詳しく知りたい方は【VPN】個人利用の必要性とは?【わかりやすく解説】を参考にどうぞ。

安心して使える有料VPNサービスの徹底比較【2021年比較】VPNのおすすめ5サービスを実際に購入してガチで比べてみました!も興味があれば。

Torブラウザを使う

次にTorブラウザを使った方法について見ていきます。

Torブラウザとは?

匿名通信を行うシステム「Tor」を経由して、インターネットにアクセスする(Webページを表示するなど)ためのソフトウェアです。


Torブラウザを使うことで、利用者のIPアドレスが匿名化されるため、コンテンツの安全な使用やIPアドレス制限のあるWebサービスへのアクセスが可能となります。

また、Torブラウザを利用したという履歴は残りますが、Torブラウザ内での検索履歴等は残りません。そのため、通常のブラウザを利用する場合と比べるとネット上のプライバシーが保護されるわけです。

Torブラウザは、さまざまなサーバーを経由してから目的とするサービスにたどり着くため、サービスの管理者・ISP・ハッカーなどは、あなたのネット上での動きを監視することができなくなるといったメリットがあります。

しかし、Torブラウザにもデメリットがあります。

注意しておきたいデメリット

Torブラウザは、IPアドレスを匿名化することはできますが、ダウンロードやストリーミングを想定して作られていないので、ロードに時間がかかるというデメリットがあります。

そのため動画視聴向きの方法ではありません

また、Netflixなどの動画配信サービスはTorブラウザからのアクセス自体をブロックしているので、Torブラウザを利用するだけではストリーミングに対してのジオブロック対策にはなりません。

さらに、Torブラウザを利用することで監視対象になったり、経由する複数のサーバーの中に悪意があるサーバーが紛れ込んでいることもあるため、絶対に安全だとは言えません。そのため、VPNと併用しての利用が一般的です。

VPNと併用することで、ネット上での行動を「匿名化」+「暗号化」できるため、より安全性が高まります。

スマートDNSやDNSチェンジャーを使う

スマートDNSやDNSチェンジャーは、インターネットを使う際に、利用者のデータを暗号化することができる仕組みです。

スマートDNSやDNSチェンジャーを使うことで、サービスの提供側から実際のアクセスとは違う場所からアクセスしているように思わせることができ、世界のさまざまなサービスにかかっている制限を安全に解除できます。

しかし、DNSを変更してジオブロック制限のあるWebサイトにアクセスする場合も注意点があります。

注意しておきたいデメリット

DNSを変更したとしても、VPN利用時のようにIPアドレスが変わるわけではありませんし、通信データの暗号化もされないといったデメリットもあります。

ジオブロックの解除には貢献しますが、セキュリティ面を考慮するとVPNの方が安心して利用できるのかなと。

プロキシーサーバーを使う

最後にプロキシサーバーを使った方法です。

プロキシーサーバーとは?

インターネットに接続するための中継役のようなもの。

プロキシーサーバーに接続することによって、現在地とは他の場所からWebサービスへアクセスしているように見せかけることができ、ジオブロックを回避できます。

ただ、プロキシーサーバーを利用することにはデメリットも多く、あまりおすすめはしません。

注意しておきたいデメリット

プロキシーサーバーを使っての通信は、VPNのようにデータの暗号化がされないため、管理者やインターネットプロキシーサーバーなどのネットを検閲する人々や組織からは、ネット上でのあなたのアクセス履歴を見ることができてしまいます。

また、個人データを狙う人々からの悪質な攻撃を受けることも考えられるため、あまり安全な方法だとは言えません。

さらに、新しいページに行くたびにプロキシを更新する必要があり (回避方法あり)、手間がかかってしまうというマイナス面もあります。

ジオブロックを解除するのは合法なのか?

本記事ではジオブロックを解除する方法についてみてきましたが、そもそもジオブロックとは解除していいの、という疑問も生まれているかと思います。

日本においてジオブロックを解除すること自体は、合法です。(参考:VPNサービスは合法なのか?

しかし、ジオブロックの解除が、違法性のある行為を目的とするものであった場合は別です。例えば、違法アップロードしているものをダウンロードする、ダークウェブ上での禁止行為を行うといったことは「違法」となります。

また、ジオブロックを解除する方法が禁止されている国(例えば、中国・ロシア・北朝鮮)では、完全に違法です。ジオブロックを解除してしまった事がバレると問題になることもあるため、気をつけましょう。

さらに、今後は規制される可能性がないとも言えないので、ジオブロックに関する最新情報を入手しておいて、注意しつつ利用するのがいいのかなと。

まとめ:ジオブロックを解除する方法は4つあるが、VPNの利用が一番カンタン

ジオブロックとはなんなのか?解除方法はあるのか?

今回の記事で伝えたかったことをまとめると、以下のようになります。

  1. ジオブロックとは、ある特定の地域においてサービスの配信を限定する仕組み
  2. ジオブロックを解除する方法は「VPNの使用」「Torブラウザの使用」「スマートDNSの使用」「プロキシーサーバーの使用」の4つ
  3. ジオブロックを解除するのは合法であるが、禁止されている国があったり、違法行為をするための使用は禁止されている。


ジオブロックは、サービスを提供する側が時代の流れや国ごとのルールに対応するために行うものですが、利用者側からするとかなり面倒で厄介な規制です。

動画配信サービスなどはサブスク契約しており、お金を払っているのにも関わらず、見たい作品が見れなくなりますからね。

今回紹介した方法の中ではVPNの利用が一番カンタンで、設定も約5分で完了しますので「ジオブロックされている作品やサービスをどうしても利用したい」という方は、ぜひ今回の記事を参考にジオブロックの解除を試してみてください。

また、私が実際に利用して検証した安心して使えるVPNサービスを【2021年比較】VPNのおすすめ5サービスを実際に購入してガチで比べてみました!にて解説していますので、参考にどうぞ。

上記記事でランキング1位のVPNサービスはNordVPN

人気実力ともにナンバー1の優良VPNサービスです。

動画視聴にも最適で、私も約2年程愛用しています。

≫NordVPNの公式サイト



今回は以上です。
少しでもお役に立てれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました