国際遠距離恋愛中でも映画を一緒にみる方法。【Netflix Partyを使います】

  • 海外にいる恋人と一緒に映画をみたい。でもやり方が分からない。
  • Netflixを観ようとするとどちらかがエラーで観れない。



このような疑問に答えます。


本記事では、海外にいる遠距離恋愛中の相手とNetflixを一緒に観る方法をご紹介します

-本記事の内容-
  • 国際遠距離恋愛中でも映画を一緒にみるために必要なもの
  • 国際遠距離恋愛中でも映画を一緒にみる方法



現在私は、フィンランド人の彼女と国際遠距離恋愛中です。


以前から、一緒に映画をみたく、Skypeの画面共有など色々と試行錯誤してみましたが、設定の問題からか、なかなかうまくいかずなかば諦めていました。


しかし、先日「Netflix Party」を使えば観れるかもしれないと、仮説を立てて実践してみたところ、すんなり上手くいき拍子抜け。


カンタンにできるので、「Netflix Party」を使って海外の相手と一緒にNetflixを観る方法をご紹介します。

国際遠距離恋愛中でも映画を一緒にみるために必要なもの

国際遠距離恋愛中でも映画を一緒にみるために必要なもの



遠距離のパートナーと一緒に映画を見るためには、以下の3つの準備が必要。

  • 各々のNetflixアカウント
  • 「Netflix Party」のインストール ←無料です。
  • 「VPN」の契約 ←実質無料です。


一つずつ見ていきます。

各々のNetflixアカウント


これはNetflixのルールにのっとり、2画面以上で視聴できる環境があればオッケーということです。

1人の契約で2人以上使える場合でも問題なく利用できます。

「Netflix Party」のインストール


次にChormeウェブサイトから「Netflix Party」をインストールします。

インストール~使い方については、「Netflix Party」の使い方を徹底解説!【遠隔地の恋人とNetflixデートをする方法】にて詳しく解説しているので、参考にしていただければと思います。


VPNの契約


最後にVPNを契約して使えるようにします。

VPNとは・・・国外からでも日本の回線を使えるようにするもの。日本から海外の回線を使うこともできます。


VPNがないと海外から日本のNetflix、または日本から海外のNetflixを見ることができないので必須です。

VPNが必要な理由


Netflixその他VODのサービスでは、国内専用として動画コンテンツを配信しています。

つまり配信内容の異なるコンテンツは、国をまたぐと見れなくなるわけです。

例えば、テラスハウスの最新話は海外では見ることができないので、VPNを利用して海外から日本のNetflixにアクセスする、といった具合です。

海外からVPN経由で日本の回線を使うことで、ネット上では日本にいる”ふり”ができるため、海外からでもNetflixが視聴可能になるのです。

ちなみにれっきとした合法サービスですよ。

VPNの詳しい説明や設定方法は、Netflixを海外から視聴する方法にて説明しています。


私は現在「EXpressVPN」というVPNサービスを使用していますが、通信速度が安定しているのでおすすめです。多くのVPN会社が30日間の利用であれば全額返金してくれるので、何社かの無料体験を使いまわしていけば、実質無料で使えます。


国際遠距離恋愛中でも映画を一緒にみる方法

国際遠距離恋愛中でも映画を一緒にみる方法



以上の3つが準備できれば、もう遠距離のパートナーとも、一緒にNetflixの視聴が可能です。

一緒に映画を見る手順は以下の通りです。

  • 「Netflix Party」のURLを相手に送る。
  • 受け取った側は、EXpressVPNを起動してからURLをクリック。
    ※EXpressVPNのアプリを開いて、1クリックするだけです。
  • Netflixの画面共有完了。
  • SNSの無料ビデオ通話で、お互いの顔が見えるようにセットする。


以上のステップで、海外にいる遠距離恋愛中の相手ともNetflixの映画を一緒にみることができます。

まとめ:国際遠距離恋愛中でも映画を一緒にみることは可能

まとめ:国際遠距離恋愛中でも映画を一緒にみることは可能



記事のポイントをまとめます。

  • 「Netflix Party」をインストール
  • 「ExpressVPN」を使う


以上の設定は10分もあればできちゃいます。

お金もNetflixの月額料金以外は実質かからないので、気軽に実践できて、本当に助かっていますよ(^^)/

コメント

タイトルとURLをコピーしました